宗派と仏像

■宗派と仏像

◎天台宗

 中央の本尊は「阿弥陀如来座像」、両脇の脇侍は向かって右が「天台大師」で左が「伝教大師」が一般的ですが、「阿弥陀如来座像」に代えて「釈迦如来」を安置する場合もあります。



伝教大師

伝教大師


阿弥陀如来座像

阿弥陀如来座像


天台大師

天台大師


◎真言宗

 中央の本尊は「大日如来」、両脇の脇侍は向かって右が「弘法大師」で左が「不動明王」が一般的ですが、智山派では「不動明王」に代えて「興教大師」を安置する場合もあります。



不動明王

不動明王


大日如来

大日如来


弘法大師

弘法大師


◎浄土宗

 中央の本尊は「阿弥陀如来立像(舟光背)」、両脇の脇侍は両大師として向かって右が「善導大師」で左が「法然上人」が一般的です。



法然上人

法然上人


阿弥陀如来立像(舟光背)

阿弥陀如来立像(舟光背)


善導大師

善導大師


◎浄土真宗本願寺派

 中央の本尊は「阿弥陀如来立像(西)」、両脇の脇侍は向かって右が「親鸞聖人」で左が「蓮如上人」が一般的です。



蓮如上人

蓮如上人


阿弥陀如来立像(西)

阿弥陀如来立像(西)


親鸞聖人

親鸞聖人


◎真宗大谷派

 中央の本尊は「阿弥陀如来立像(東)」、両脇は向かって右が「十字名号(帰命盡十方无碍光如来)」で左が「九字名号(南無不可思議光仏)」の十字・九字名号が一般的です。



九字名号

九字名号


阿弥陀如来立像(東)

阿弥陀如来立像(東)


十字名号

十字名号


◎臨済宗

 中央の本尊は「釈迦如来」、両脇の脇侍は向かって右が「達磨大師」で左が「栄西禅師」が一般的ですが、妙心寺派は右が「無相国司」で左が「花園法皇」を安置します。



花園法皇

花園法皇


釈迦如来

釈迦如来


無相国師

無相国師


◎曹洞宗

 中央の本尊は「釈迦如来」、両脇の脇侍は向かって右が「承陽大師/道元禅師」で左が「常済大師/瑩山禅師」が一般的です。



常済大師/瑩山禅師

常済大師/瑩山禅師


釈迦如来

釈迦如来


承陽大師/道元禅師

承陽大師/道元禅師


◎日蓮宗

 中央の本尊は「日蓮上人」又は「曼荼羅」、両脇の脇侍は向かって右が「中山鬼子母神」又は「子安鬼子母神」で左が「大黒天」が一般的ですが、「三宝尊」を安置する場合もあります。



大黒天

大黒天


日蓮上人

日蓮上人


中山鬼子母神

中山鬼子母神